地震 防災 ④

ここまで自宅で過ごしていたしゅふなのですが、
私の救世主=ウチのごしゅじんさんが、出張先から帰宅。


すぐさま、電力が復旧している地域の
ホステルへと向かったのでありました。

復旧が早かったのが湯川の地域。

ここは温泉でも有名なのですが、
ホテルや旅館などが立ち並ぶ
観光・温泉地になりますね。


そこで、何とか寝床とシャワーを!!!
という事で、ごしゅじんさんのツテで
一泊お世話になることにしました。

お邪魔してみますとなんと!

無料で提供されている、あたたかい食事から、
スナック類の食料提供・更には電源に至るまで。
避難できる、シェルターの様になっていました!!


しかも、立ち上げは函館の方ではなく、
札幌の方らしいのですが、こんな時に
助けてもらえるのは有難いことです!!!


早速チェックインしまして、電源を確保しましたら、
すかさず各方面へ無事を伝え、シャワーで汗を流し、
その夜は久しぶりにあたたかい食事を頂きました。





ここで私の胸の内を。

実は。

ウチのごしゅじんさんは極度の怖がりでして…。
安全が確保されない(電力供給のない)自宅では、
とても一緒には過ごせないと思いましてですね、
帰宅するとの一報があった際、既に心の内では、
ホテルへ行ってもらおうと、心に決めてました。

ですが、そこはさすが、10年も私のようなガサツ人間と暮らしていると、
その後の展開が読めるようになったのでしょうか、このまま帰宅するより、
ホテルへ身を寄せた方が良いと、何か、思うところがあったのでしょうね。

※昨日のブログにも書きましたが、
私は水や明かりや食料などは余程
切迫していない限りは、なくても
全然平気で過ごせるタイプです。


なにはともあれ、互いに以心伝心。
すっかりホテルにお世話になり、
避難に成功したのでありました。


お世話になりました。
函館の湯川地区にありますホステル
「TUNE HAKODATE」
IMG_20180908_072730 (1).jpg
外観

IMG_20180908_072551 (1).jpg
ホールがシェルターのようになり、夜は市民が集っていました。

IMG_20180908_071319.jpg
各階にはリビングダイニングが。

IMG_20180908_071110.jpg
コインランドリーもあります!

IMG_20180908_064449.jpg
洗面所も、明るくてとても清潔!!!

IMG_20180908_072432 (1).jpg
部屋もひろびろ!!!

地震 防災 ③

今日は、「北海道大地震」その③です。
(昨日は早朝に書き、保存したまま
アップするのを忘れてしまいました、
すみません、続きを書きます。)


かくして、全道ブラックアウトを知ったしゅふ。

自宅マンションはオール電化

つまり。

水も出ません。

煮炊きもできません。

完全な難民の出来上がりです。

※冬じゃなくて助かりました!!!!!




エントランスは
オートロック。
住まいは5階。


とりあえずの水と食料を買いたいので、
管理人さんが出勤する時間に合わせて
まずはコンビニ=セブンイレブンへGO!!





店内は薄暗くて、
商品棚は空っぽ。

水はもちろんの事、
おにぎりやパン、
なんならちょっとした
お菓子類までごっそり!

何もありません!!!

やばー。


と焦っても仕方がないので、
まずは高カロリーなチョコ。
(コアラのマーチ買いました。)
そして、水分は…
ビールでお願いします…。




かくして、水分と
飢餓対策を取って
再び自宅へ。


そこで驚きの事実が…。


何とウチの管理人さん。


地震直後の夜中の3時半に、
オートロック開錠の為に
一度マンションまでいらしてたとか!!!!!!!!


素晴らしいです!
そんな人、います?!
(後で菓子折り持って行きました…)


更に管理人さんの善行は止まる事を知らず、
エレベーターがストップしているというのに
お水を担いで、各戸へ20リットルずつ配給!
(最上階は10階なんですよねー…。)

もちろん歩ける人は自分で自宅へ運びますが、
ウチのマンションは元々高優賃だったので、
ご老人の方々が多く居住されているんです。


その為に、管理人室も開放し、
水袋を携えて上階までいったい
何往復したのやら、本当に
ありがたいです。頭が下がります。



あ。
わたくしですか???
わたくし、術後のはら痛の為、
重いものは持たないように心がけて
生活しているのですがね…。




しかたないですよねー!!!!!(泣)




こんな時ですからー。たとえ、
その後、数日動けなくなっても、
とりあえず、水を運んでみました。


何が一番困るかって。


トイレなんですよ。
(後でごしゅじんさんに相談して判明したのですが、
こういう時には、トイレで出たペーパーごみは、
ごみ袋に入れて処理するべきだったんですね。)


何とわたしその時、生理で…。
ペーパーごみがたくさん出たんですよね。

つまりトイレも都度、流さないと大惨事になるという…。

ツラかったーーーーーー。
なにがツラいって、それが一番ツラかったです…。

私、基本的には、水、明かり、食料などは、
無くても生活出来るタイプの人間なんです。


なので、ほんと、トイレが一番ツラかった。
(ごみ袋対策を思いつかなかった自分に呆れます)






まぁ、とにかく、水と食料は手に入れたしゅふは、
電源確保のためだけに必死になる、という時間を
過ごすのですが、なんと、36時間後にやっと!
私に救いの手が!
救世主が!われらが神よ!!!


という運びはまた明日、書きますね。





※ウチでは、昨晩あたりから電力があんてし始めたのか、
電気を灯してもチラチラ。チカチカしなくなってきました。

地震 防災 ②

ちなみに、自宅の電気は昨日復旧。
ブログも書けるようになりました。


さてさて、昨日の続きなのですが、
果たして、SNSやTwitterを通して、
どうやら北海道がブラックアウト!
してるようだとの事((((;゚Д゚))))!!



そんなこと、あります?!?!?!



いつもの地震にいつもの停電かと、
余裕の構えでいた主婦は、慌てて
電源の確認をしてみました…。


目の前にあるものは、
①モバイルバッテリー、充電済一台。
②ラップトップPC、満充電済一台。


夜中からひっきりなしののSNSと情報収集で
既にスマホ自体の充電は半分以下!!!!




さて、限られた電池量でどうやって生き延びるか。




まず、直ぐに行ったことは、
「通信回線」を切って、
電池の節約をしました。
インターネットには繋がず電池を節約し、
通話回線だけで、生き延びる方法です。


電源を切ったり入れたりするたび消耗するのを避けて、
ピンコンピンコン鳴る度、電池を喰うSNSを避けて、、、

通信(いわゆるインターネット回線)は接続できませんが、
電話としての機能、つまり、通話は可能なワケなのです。


ちなみに。機内モードは電池の節約には役立ちますが、同時に通話も不可になります。
※ 但しこの時、着信があった場合には「SMS(ショートメッセージサービス
=通話回線を使ったメッセージサービスの方です)」で不在着信を知らせてくれます。


緊急時には通話。
それ以外の状況や安否を伝えたり確認するのは通信
と、使い分けることで、ひたすら電池を長持ちさせました。


1時間に一度、通信回線をつなげて、
SNSをチェックしては、また閉じる。
といった事を繰り返す状況ですね。


これで、ひたすら我慢を続けても、
通信につなげる度にバッテリーは
目に見えて減っていきます…。


なので、お次は充電ですよね。
モバイルバッテリーは既に少し消耗していて、
満充電はかなわず、49%で力尽きました…。

次いでラップトップPCなのですが、
電源を入れなくてはスマホへの送電が
出来ないところが勿体ないのですが、
一応、59%までは充電出来ました。

それも、停電から36時間も過ぎたら、
充電が30%を切り始め、いよいよか…
と思ったところになんと!!!!!




続きは明日です(*^^*)

停電中の36時間、オール電化住宅で

果たして、どのように過ごしたのか、
そのサバイバル状況をお伝えします。

地震 防災 ①

9月6日未明の3時08分ごろ、
北海道胆振日高地方を震源とする
大規模な地震が発生しました。


震度7.png

最大震度が7という、恐ろしいくらいの巨大なパワーで
北海道のほぼ全域を、真夜中に襲ってきたワケなのですが。




その時、

私は函館の自宅におり、

ごしゅじんはなんと!
震源地にて出張中…。





連絡も取れないままに
「ブラックアウト!」



それはないよ北電(北海道電力)さん…!
(かといって原発には賛成しません。)



この時、「停電の真相」を知る由もない私は、
ひたすら主人の安否を、天にも祈る思いで、
まんじりともせず、夜を明かしたのでした。




地震発生から数時間ののちにはすっかり夜も明け、
多方から情報を仕入れ、現状把握に注力しました。



なんと、全道ブラックアウト。

そんなことあります?!




そこで、ようやく理解できたLINEの未読。


スマホの電波塔に電力供給されてないんですから
当然、携帯・スマホが繋がらないんですよ。

ましてや停電なんですから一般の固定電話が通じるワケもなく…。

※ただ、ここでナゾなのが、通じる携帯・通じない携帯があったようで、
それは、どの地域の、どのキャリアの電波塔か、によるもののようでした。



函館では依然全戸停電でしたが、私が使っているSIM回線の
電波塔は生きていたようで、SNSやTwitter情報は確認できました。


ですが、彼の方は自身のスマホが使えないらしく、
宿泊先のホテル従業員様にお借りして、ようやく
連絡がとれたのが、地震発生から3時間後でした。

お互いの安否を確認し合い、ほっとしたのも束の間、
ブラックアウトの怖さを知るのはこの後のこと…。


続きは明日です。


ブラックアウトだと気づいた後、
どのようにスマホ充電を繋いだのか、
また明日、詳しくお話しますね。

北海道 初雪 2018

ユニクロの超ロングダウンコートを出しました。





寒い日が続きますね~。



あ、北海道は、現在。
秋へと向かっております。






8月に入って、寒さのあまり
ロングダウンを着たのは一回。
ボアパーカーを着たのは二回。


もうすっかり冬支度(*・ω・)。


だって、立秋過ぎたし!
大雪山に雪降ったし!!


もう、冬まっしぐら(泣笑)。





こんなにきれいな草花で彩られた
函館駅を見れるのもあと僅かです。
IMG_20180813_082431.jpg
IMG_20180813_082459.jpg

北海道の夏、いとをかし。(笑)